がっちりHOUSE 5 鉄骨ポリカハウス 次世代農業ハウス


■がっちりHOUSE 5 の特徴

  1. もう台風・積雪の心配は無用
  2. ハウス内温度を自在にコントロールできる
  3. とにかく安い(同等他社製品に比べ)
  4. 農業でがっちり儲かる
  5. 太陽光発電でエネルギーコストゼロが実現

 

 

 

 

 

  ※写真は基本モデル8m×24m 山型タイプ

 


がっちりHOUSE5(鉄骨ポリカハウス)は、園芸用施設を使用して農作物を栽培する農家・事業者向けに開発した次世代の農業ハウスです。


がっちりHOUSE5は、主要骨格に強固なスチール製部材(溶融亜鉛メッキ)、外装材には断熱性・保温性・強度に優れた中空ポリカーボネイト板を使用しています。

その為、台風や積雪に対して抜群の強度を持つ構造となっています。※標準モデルは耐風速36m/s、耐積雪50cm対応

もう台風や積雪によるハウスの破損に悩むことはありません。

設置条件がさらに厳しい地域の場合、強化することも可能です。

溶融亜鉛メッキ(ドブメッキ)処理された鉄骨で構成される骨格本体は15年の保証が付与され(弊社の施工ID取得業者が建設した場合)長期間安心してご使用いただけます。

外装材の中空ポリカーボネイト板は圧力・衝撃に非常に強く(ガラスの200倍程度)耐久性も抜群です。こちらは保証10年となります。ビーニール製ハウスと比較するとビニール張替えの手間や強度不足による破損被害から解放されることとなります。

さらに、豊富なオプションをハウスに組み込むことで「環境制御+ゼロエネルギー」を実現することができます。

代表的なオプションは、「太陽光発電設備(自家消費型、売電型)、遮光カーテン、冷暖房システム、農業用LED照明、給肥・潅水システム、それらを各種センサーで総合コントロールする制御システムがあり、お客様のご要望によりカスタマイズすることが可能です。

生産性、効率化、省エネ化を追求した「次世代農業ハウス=がっちりHOUSE5」が日本の農業を応援いたします。


がっちりHOUSE5 基本ユニットサイズ

間口8m×奥行24m